2014年10月19日

クレジットカードの審査は本当に厳しいのか?

インターネットなどをみていると「A社のクレジットカードは審査が厳しい」とか「B社のクレジットカード審査は甘い」という書き込みなどを目にすることがあります。
しかし、審査が厳しいとか、審査が甘いというのは個人の見解に過ぎません。

審査が厳しいとか甘いというのは、個人によって感想が違う

インターネットなどで「○○社のクレジットカード審査は厳しいですか?」という質問をしている人を見かけることがありますが、審査が厳しいとか、審査が甘いというのは個人によって見解が違いますので、ネットで審査が厳しいと言われているからといって、そのクレジットカードを諦める必要はないと思います。

インターネットに書き込みをしている人が年収150万円の人かもしれませんし、そのクレジットカードを申込しようと思っている人は年収300万円の人かもしれません。
そうなると年収150万円の人と年収300万円の人では、審査の基準が違いますので150万円の人が厳しいと感じても、300万円の人であれば楽々審査をパスすることもあるでしょう。

だからといってネットの情報をまったく信用しない方が良いとは言いませんが、もしネットの情報を頼るのであれば、自分の境遇と近い人の体験談のようなサイトで探すようにしましょう。

身の丈に合ったクレジットカードを選ぶ

クレジットカードといっても外資系のクレジットカードもあれば、銀行系や信販系のクレジットカードもあります。
まず最初にどのカードに申込をするのかを決めるところから始めないといけないのですが、カードのデザインや利用特典ばかりに気を取られてしまうと、自分には不釣合いなクレジットカードに申し込んでしまう場合もあります。

もちろん、自分の年収などに見合わないクレジットカードに申込みをしてしまうと、審査をパスするのは相当厳しくなってしまいます。

・年収
・雇用形態
・勤務先
・勤続年数
・他の借入状況

上記にあげている項目を今の自分と照らし合わせ、自分に見合ったクレジットカードはどれなのかを見極めてから申込をするようにしましょう。





あたって砕けろは間違い

どうしてもデザインが好きなクレジットカードがあるけど、自分の年収などから考えると、ちょっと不釣合いだと感じた場合、「ダメならダメでいいから、一応申し込みだけしてみよう」と考える人が多いのですが、これは間違いです。

クレジットカードの申込履歴は信用情報機関に残るようになっています。
つまり、同じ時期に何社ものクレジットカードに申し込んでいるだけで、あなたの印象は悪くなってしまいます。

できる限り、1社か2社のクレジットカードに絞って申込をすることを強くおすすめします。
そのためにも、審査の厳しいクレジットカードよりも、比較的審査の甘いと言われるクレジットカードに狙いを絞って申込をするのがベストだと思います。

銀行系と信販系は審査が厳しい?

最近ではクレジットカードの種類は、このようなサイトで把握できないほど多種多様です。
銀行が発行している銀行系、信販会社が発行している信販系などをはじめ、デパート系、鉄道系、石油系、自動車系など数えだせばキリがありません。

その中でも一般的には、銀行系と信販系の審査は厳しいと言われています。
逆に比較的審査が甘いといわれているのが、石油系やコンビニ系のクレジットカードです。

しかしクルマも持っていないのに石油系のクレジットカードを持っていても、そのカードの特典をフルに活用することはできません。
自分の利用頻度と比較して、どのクレジットカードに申込をするべきなのかをジックリと検討してから申込をするようにしましょう。

それとこれも昔からよく言われていることなのですが、国内系のクレジットカードよりも外資系のクレジットカードのほうが比較的審査が甘いといわれています。
国内系と外資系では、基本的な審査の基準にかける比重が違うのがその理由だと思います。
国内系が信用を重視するのに対し、外資系は資産などを重要視するといわれています。





posted by self_user at 14:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。